宅建の資格を取得し将来活躍したい

宅建というのは宅地建物取引士という国家資格で、様々な仕事を行いますが、不動産取引を円滑に進めたり、購入された方の利益を守る事務処理などを行う仕事です。不動産といえば近頃は、若いうちから取得し家賃収入による不労所得や売却による売却益を求める為に、不動産物件を投資に利用するという方も少なくありません。

不動産の取引についてはかなり高額な取引となり、また書類等も複雑です。取引の重要事項説明の義務などもあるので、不動産に関する専門的知識、法律なども熟知していなければならない仕事です。宅建の資格を取得されている人にしかできない仕事として、不動産を購入された方に購入した物件いついて重要事項をしっかりと説明し、後にトラブルが起らないように、また購入された方が購入に関して正しい知識を得るための重要事項の説明があります。

またこの書類への記名、押印、契約内容記載所への記名、押印に関しても契約書に宅地建物取引士が記名押印することになっています。こうした大切な書類へ名前をのせ押印するのも、不動産取引の専門家として深い知識を持っているからこそで、不動産に係わる知識、法律に関して、しっかりと専門学校で学ぶ必要があるのです。

専門学校には宅建の資格を取得し不動産関係や建築系の企業へ就職を目指すための専門課程、コースがあります。こうしたコースで不動産についての知識、また法律等を学ぶことで、資格取得の近道となり、就職の際にも有利になります。大学などでもこうした科がありますが、より専門的な知識と実践力を付けるとなれば、専門系の学校の方が最短距離になるのでないかと感じます。

 

行政書士になりたいという目的にも専門学校

将来、行政書士になりたいという方も、専門学校に入り行政書士として必要な知識を学び資格の取得を考えていくと、より目標に近い学びができると思います。

行政書士というのは、行政書類のスペシャリストと呼ばれる資格者でこの資格は国家資格です。行政に関する書類というのは、例えば会社を作る場合や、建築業等、都道府県へ届け出が必要になります。その場合に必要な書類を作成する、また契約書や事実事項照明などの書類を作成する書類の専門家です。最近は行政書士の資格を取得し行政に提出する書類のほか、特定の業種、業界に対してコンサルを行うなど、仕事の範囲が広がっています。そのため、ただ書類の内容、種類、書き方を熟知しているということだけではなく、コンサルタントについての知識を得ることも必要となっています。

独立開業ができる仕事なので、しっかりとした専門知識はもちろん、人とのつながりを持っていることも大切です。同じ職業を目指し学んでいる友人、またそのほかの職業に就くことを目的に学ぶ友人等、専門学校で人脈を得ておくこともできそうです。行政書士でもコンサルタントなどを行う場合、例えば建築系とかまたそのほか不動産系などに特化した知識を持っておくと安心です。専門学校ならその他の科も受講できるので、将来の事を見据えて行政書士以外、知識を得ることが出来れば、学校にいる間に知識を得ておく方がいいでしょう。

大学などで学び行政書士以外の勉強を行うということも身になる事ですし、様々な知識を得る機会となりますが、カリキュラムに余裕を持たせてあり、専門学校の様に一気に集中して学ぶという取り組み方になりません。ゆるみがでてアルバイトに精を出してしまったり、資格の勉強がおざなりになるということもあります。専門学校の場合、カリキュラムがぎっちりと組まれていますので、遊びに目を向ける事もなく学ぶことができるため、目的をもって学校で学びたいという人にはお勧めなのです。